山下容莉枝は名脇役女優で二時間ドラマの常連!結婚してる⁈家族は?

山下容莉枝さんと言えば、演技派の名脇役。二時間ドラマの常連と言ってもいいほど、ホントよく出てらっしゃいますね。名前を知らなくても、誰もが見たことのある女優さんだと思いますが、プライベートはあまり知られていません。今回は、この山下容莉枝さんについてご紹介したいと思います。

 

山下容莉枝さんと言えば、幅広い役をこなす演技派の名脇役女優!

山下容莉枝さんは神奈川県藤沢市出身の女優。1984年に文学座第23期生を卒業、その後、1986年「夢の遊眠社」に当時交際していた恋人から勧められて入団したそうです。

山下さんの原点は文学座にあったんですね。それにしても、恋人に勧められて「夢の遊眠社」に入団って、とても興味が湧きますが、その行動が今の山下さんに結び付くんですね。

「夢の遊眠社」は、あの劇作家で演出家の野田秀樹さんを中心に旗揚げされた劇団でしたが、1992年に解散しました。「夢の遊眠社」では山下さんは、当初ヒロイン候補でしたが、個性を注目され、『走れメロス』では主演を務めました。そして、確かな演技力を武器に、正統派のヒロイン役から個性的な人物像まで幅広く演じ、劇団の中心的俳優となられました。

文学座で演技力を身に着け、のちに「夢の遊眠社」で実力を発揮されたということですね。持って生まれた能力もあるかもしれませんが、人一倍の努力も積み重ねてこられた事でしょう。

劇団解散後はテレビドラマを主軸とされ、野島伸司作品他、NHK大河ドラマや連続テレビ小説、二時間ドラマなど、多数出演され、様々な役柄を見事に演じられ、名脇役の地位を確立されています。

ほんと、毎日と言っていいほどたくさん出演されてますね。役柄は幅広いですが、どれも山下さんらしい、山下さんならではの表現だなあと思います。

 

山下容莉枝さんと言えば、二時間ドラマの常連!スタジオジブリ作品の吹き替えも⁈

山下容莉枝さんは多数のドラマに出演され、年齢から、人妻役を演じることが多く、いい妻から悲劇の妻、怖い妻などいろんなキャラクターを演じておられます。ちなみに「渡瀬世間は鬼ばかり」では、キャラが濃く、強い母親を演じていました。

また、山下さんは「二時間ドラマの常連」とも言われ、その演技力から、脇役ながら、サスペンスドラマには欠かせない存在となっているようです。西村京太郎サスペンス、山村美紗サスペンス、森村誠一サスペンスなど多数出演されています。

山下さんは声優というもう一つの顔もお持ちで、スタジオジブリ「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「耳をすませば」の三作品の吹き替えに起用されています。どのような経緯で起用されたかは不明です。

これらジブリ作品でも、山下さんは主人公を盛り立てる重要な脇役を務めていらっしゃいますね。

 

山下容莉枝さんと言えば、シス・カンパニー所属!

山下容莉枝さんの所属事務所は名優揃いのシス・カンパニーです。

シス・カンパニーには、堤真一さん、段田安則さん、浅野和之さん、高橋克己さん、八嶋智人さんなど誰もがご存じの俳優さんや、キムラ緑子さん、峯村リエさん、西尾まりさん、梅沢昌代さん、鷲尾真知子さんなど個性的な女優さんが大勢所属されています。

すっごいメンバーですよね。

アーティスト・マネージメントと舞台製作の2本立ての総合的エンターテイメント・プロデュース会社との事で、独自の舞台製作も本格的に行い、多くの演劇賞の実績があるようです。

このメンバーですからね、納得です。

 

山下容莉枝さんと言えば、独身⁈家族は?

山下容莉枝さんは人妻役を多く演じてらっしゃいますが、実際は独身のようです。プライベートについてはお話されることはほとんどありません。男闘呼組の岡本健一との熱愛を噂されたこともありましたが、この噂の出どころは不明です。それ以外の情報はないようです。結婚歴もなく、子供もいないとの事です。

山下さんの若い頃はとても可愛く、今も美人ですから、アプローチはあったと思いますが、お仕事を優先されたんでしょう。

ただ、決して独身主義者ではないようですので、この先、結婚されるという事もあるかもしれないですね。

まだまだ、山下さんには幅広い演技を見せていただきたいと思います。もし、結婚されても、女優はお辞めにならないでしょう。最後の最後まで、女優であることが、山下さんの生きがいなんではないでしょうか。

素敵な山下さんに幸あれ!と今後もエールを送りたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました